メイクノリがよくなる方法!

「朝のメイクがイマイチいい感じにならない…」たったそれだけでも気分が乗らないし、その日一日ずっとしっくりこないで過ごすなんてことありますよね。そこで!メイクノリが良くなるためにできる簡単な対策を紹介しておきたいと思います!

 

ところで、同じようなお手入れを毎日しているのにメイクノリが良い時と悪い時がありますが、その差はいったいどこにあるのでしょうか。同じお手入れをしているのにメイクノリが違うのは七不思議かもしれません。

 

メイクノリが悪くなるのはお肌のキメが整っていないことが主な原因になるのですが、キメが崩れてしまうのはお肌の水分量が足りないことが大きく関係しています。キメの中には角質細胞があるのですが、この角質細胞に水分が不足しているとしぼんでしまってキメが粗くなってしまうのですね。

 

つまり乾燥肌になっているとキメが粗くなってしまうので十分な水分を与えてあげる必要がありますから、いつもと同じようなお手入れをしていても、前日にお酒を飲んでいたり、寝る時間がいつもより遅くなってしまうと同じようなメイクをしてもメイクノリが良い時と悪い時があったりするのです。

 

お肌に潤いを与えること、つまりは保湿をしかりとすることはキレイなお肌を保つことはもちろん、メイクノリにも大きく影響を与えますから、しっかりとケアする必要がありますよ。

意外と知らないメイクノリが悪くなる原因

お肌のキメを整えることがメイクノリに大きな影響を与えるというのはいろんなところで言われていますし、「そんなのわかってるよ!」と思っている人もいると思います。そんな方のためにあまり知られていないメイクノリが悪くなる原因の一つをお伝えしておきますね。

 

メイクノリが悪くなる意外な原因の一つに産毛が関係しているのはご存知でしたか?

 

顔の産毛は誰しも生えていますが、この産毛をきちんと処理しているかどうかでメイクノリはもちろん、すっぴん状態でも顔の印象が全然違ってくるのですよ。なぜ産毛でメイクノリや顔の印象が変わってくるのかというと、産毛が生えていることによって光が十分お肌に当たらなくなってしまうのですね。

 

毛は黒い色をしていますから、光をさえぎってしまいます。そうするとお肌本来が持っている明るさもなくなってしまうので、くすんだような印象を相手に与えてしまうのですよ。

 

産毛自体はそんなに目立たないものですが、顔全体にうっすらを産毛が生えているということは、うっすらと黒い幕を顔にまとっているのとそう変わらないということですから、メイクノリも悪くなって顔の印象も暗い感じに映ってしまうのです。

 

そんな顔の産毛を処理するに適しているのがこのサイトでも紹介しているフローレスシェーバーですから、「メイクノリを良くしたい!」「顔の印象を明るくしたい!」と思っている人はぜひ一度使ってみてください。

 

今まで産毛を放っておいた人はそのビフォーアフターにびっくりすると思いますよ。